電話加入権の必要性と費用を抑える方法|災害時に連絡が取れる

格安SIMの仕組み

ネット

格安SIMを利用しようと思っているなら、MVNOについて知っておいたほうが良いです。MVNOとは、日本語で仮想移動体通信事業者と言います。この業者は、通信業者から無線通信基盤を借りて、それを独自のサービスとして提供しているのです。MVNOの大きな特徴は、大手キャリアよりも料金が安いということです。そのため、MVNOが提供しているサービスが格安SIMと呼ばれるようになったのです。MVNOが最近知られるようになった理由は、以前までモバイル通信サービスは、自社の移動体通信網設備を持った業者しか提供できませんでした。しかし、MVNOが無線通信サービスの許認可を受けたことによって、注目されるようになったのです。

格安SIMは、料金がとても安いので魅力的なのですが、逆に不安を感じるという方も多いです。MVNOが安くサービスを提供できる理由は、自社で無線基地局を持ってないからです。大手キャリアのように自社で基地局を持っていると、設備投資に費用がかかってしまいます。そのため提供するサービスの料金も高くなってしまうのです。しかし、MVNOは設備投資にコストがかからないので、安い費用でも経営が成り立つのです。また、多くのMVNOは店舗を持っていないので、運営費や人件費もかからないのです。このような理由があるので、MVNOは安い料金でサービスを提供できています。大手キャリアと比べると、とても料金が安くなるので不安に感じる方もいますが、理由をしっかり知っておけば安心して活用できます。