電話加入権の必要性と費用を抑える方法|災害時に連絡が取れる

費用を抑える方法

通話する男性

会社にとっては、ビジネスホンというのはとても重要なものです。お取引先とお話をするときや、顧客からクレーム対応するときなど、さまざまな場面でビジネスホンは必要になります。ビジネスホンは購入するだけではなく、リースをするという選択肢もあります。リースとは、リース会社に毎月料金を支払ってビジネスホンを借りるというサービスです。購入して、全てを揃えるとなると、高額な初期費用がかかってしまいます。しかしリースなら、毎月の料金を支払うだけで済むので、費用を大幅に抑えることができるのです。また、リースの場合、各メーカーの最新機種を選べるというメリットもあります。購入した場合は、同じビジネスホンを使い続けなければなりませんが、リースなら新品を使用することができるのです。最新機能を搭載した電話機を選ぶこともできるので、利便性が高いのです。

ビジネスホンをリース契約するときは、クーリングオフができないということを知っておいたほうが良いです。そのためリースをしているときに、会社が倒産した場合は、途中解約となるので違約金を支払う必要があります。リース会社によって、金額や条件は異なるので事前に確認しておいたほうが良いです。また、リース会社によってアフターサービスの内容も異なります。基本的なアフターサービスついては、メーカー保障が1年間あり、配線工事に関するトラブルは6ヶ月程度の保障が適用されます。契約する前に、このような項目をしっかり確認しておけば、安心してビジネスホンをリースできます。