電話加入権の必要性と費用を抑える方法|災害時に連絡が取れる

格安で使える

携帯

スマホの料金が高くて悩んでいるなら、格安SIMを利用すると良いでしょう。大手キャリアのサービスの半額以下で利用することができるので、格安SIMの人気が高まっています。

More Detail

格安SIMの仕組み

ネット

格安SIMの仕組みが難しいと感じる方は多いですが、MVNOについて知っておけば、詳しく理解できるようになります。MVNOは、自社で基地局を持っていないので、安いサービスを利用できているのです。

More Detail

NTT加入電話のメリット

オフィス

NTT東日本やNTT西日本の加入電話回線を契約するための権利のことを、電話加入権と言います。電話加入権の権利を持っていると、工事費を支払うことで電話の利用をストップすることができます。ストップした場合は、5年ごとに更新の手続きを行なう必要があります。この手続きを行なわないと、NTT側で5年間に自動延長手続きをしてくれます。以前までは、アナログ回線が普及していたのですが、今では電話回線を経由しないサービスが主流になっています。そのため電話加入権のニーズはとても少なくなっています。しかし、NTTの加入電話なら、災害時に停電した場合でも電話が繋がるというメリットがあります。日本は、自然災害が多い国なので、災害時に連絡が取れるということは重要になります。スマートフォンや携帯電話などは、一切に多くの人が連絡を取ろうとするので、電話が繋がらなくなってしまうのです。それに対して、NTT加入電話は、非常用発電設備を備えているので、ある程度の災害時でも電話を使用することができるのです。

企業で個人電話回線を引こうと思っているなら、電話加入権の費用を確認しておいたほうが良いです。電話加入権の費用が高いと、負担になってしまうので注意しておく必要があります。専門業者の中には、電話加入権を0円で契約してくれるところもあります。電話加入権の価値は下がっていると思われているのですが、実際にはNTT加入電話は、音質が良かったり途切れにくかったりなどメリットがたくさんあるのです。

費用を抑える方法

通話する男性

ビジネスホンを購入するほど、費用をかけられないという場合は、リース契約をすると良いでしょう。リースなら、毎月料金を支払うだけで使用することができるので便利です。

More Detail